カウンセリングとサラピーの違いって?

PR

カウンセリングとサラピーの違いって?

カウンセリングとは?

カウンセリングとは心理学から発達した心理療法で、カウンセリングを行う人をカウンセラーと呼びますが医師ではない人が行います。

 

カウンセリングの目的は、不安や悩みを持った人の話をカウンセラーが聞いいてあげ、相談にのります。そしてカウンセラーが重視するのは、「傾聴」と「共感」です。つまり、相談者の話を積極的に聴き(傾聴)、こころからの理解を示します(共感)。カウンセラーの立場はあくまでも「受け身」で、相談者が自ら成長するための手助けをします。

 

 

セラピーとは?

セラピストが行う心理療法を「サイコセラピー」と呼びます。サイコセラピーは、精神医学から発達したもので、精神科の医師が行ってきました。

 

対象は、具体的な症状をもった「患者」で、目的はその症状を治すこと。セラピストは症状を治すために、患者の症状を聞き具体的なアドバイスをして治療(セラピー)を行います。

 

また、最近では、医師ではない人が行う「癒し系セラピー」が増えています。アートセラピーアロマセラピーミュージックセラピーなどがそうですが、医師でない人が行う癒し系セラピーは、もちろん「治療」ではありません。

 

http://www.artiro.com/counselor
より引用

PR