レーシック&視力回復特集

PR

レーシック&視力回復特集

  • レーシックや近視手術なら 錦糸眼科で視力回復
  • 日本で初めてレーシックやレーゼックを行った近視治療のパイオニア、錦糸眼科。初診検査は無料です。
    錦糸眼科は平成5年に開設、設立22年目の眼科施設で全国の5都市、東京新橋、大阪、札幌、名古屋、福岡に展開しています。
    総院長の医学博士 矢作徹(やはぎとおる)は、防衛大学校、東京大学、信州大学を卒業、スタンフォード大学眼科BS課程を修了しており、錦糸眼科の各院でも執刀しています。

     

    治療レーザーはアボット社のiFSと、ボシュロム・テクノラス社のテクノラス217Pで全国各院に同機種の最高性能レーザーを設置しています。
    国際的にも評価が高いテクノラス217Pは複数の照射モードの中から最適な照射を選ぶことができるので、他院では治療を断られたケースや、副作用が出やすいケースでもデメリットを最小限に抑えて治療を行うことができます。

     

    また、スープラコア(両目に治療を施す老眼治療)を国内では唯一、当院のみ実施しています。様々な老眼治療が各医療機関から紹介されていますが、いずれも片目に老眼治療を施すもので、治療しないほうの目では近くは見ることができません。スープラコアは遠近両用のコンタクトレンズと同じ原理で角膜形状を変化させるので、事前に老眼用コンタクトレンズを付けることで見え方を体験することができます。

     


  • 医師も認めた!SBC新宿近視クリニック
  • 全国にクリニックがある湘南美容外科が開院した、執刀医がすべて眼科専門医の近視治療専門の新宿近視クリニック。レーシック手術3万件以上、国内トップクラスの経験を持つドクターが執刀。今までレーシックに慎重だった医師が認めたクリニックです。

     





PR